スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残り

最後の活動に向けての方針が決まりました。
先日上司とJICA事務所のボランティア調整員を交えた話し合いを決行!

一番いい時期はボランティアに手当が出るほど支援金をもっていたようなんですが、昨年の終わりから今年の初めにかけてスタッフへの給料未払いが起きるなど確実に支援は減ってきています。
なので残りの期間配属先の収入を増やす活動をしようと思いそれを上司にぶつけてみました。
その結果、上司は賛成してくれ、ダイレクターに話をしたのち、スタートすることに。

その案というのが、
1ユース向けのPCトレーニング(有料)開始
これによって得た資金をピアエデュケーターの手当にするもしくは、ピアエデュケーターにはPCトレーニングを安く受けられるようにしようかなと思いますが、どうするかは今後きめます。
配属先はすでにPCを10台手に入れる手はずを整えたらしく、あとはそのコンピューターが有料トレーニングのために使えるか確認して使えるようならそれを使います。
つかえなかったらPC確保から地道に。
いくつか案はあるので大丈夫かな?
残りの期間で立ち上げから運営までは厳しいかなと思いますが、そこは配属先に来ているドイツ人ボランティアと共同で行うことで解決。
日本人ボランティアは私で最後ですが、彼らは後任が決まっているので配属先が自身で運営できるようになるまではサポートできるはず。
最初は私とドイツ人ボランティアが教えますが、ある程度まとまったお金が得られたらそれをもとにザンビア人スタッフを雇う予定。

2収入向上活動の品のネットでの販売
日本でネット販売をしている人がアフリカの雑貨に興味をもっていて、なんとそのWEBショップで配属先が作っているビーズ商品などを販売させてもらえることに!
契約書作ってあとはサインだけってな状態で、自分の配属先だけじゃもったいないということでザンビアの隊員に声をかけたりして話を進めてます。

というわけで残りの期間配属先が安定した収入を得られるようにがんばります。
もはやエイズ対策でもなんでもなくなっちゃったじゃんと思われるかもしれませんが、そっちの活動もちゃんとやりますよ。
配属先近くでもないけど…(配属先から歩いて1時間)の学校に5月から毎週水曜1時間エイズクラブを立ち上げ、先生たちと運営することが決定。
本当は2、3校やりたかったんですが政府系の学校はほとんどがすでにエイズクラブできているところが多く、またコミュニティスクールは小さい子が多いところ、クラブ活動ができるほど組織だっていないところが多いので1校だけになりました。

あとは配属先の外での活動を勝手にやります。
エイズ対策分科会でいくつか案を練っています。IGA委員会の方もいろいろ考え中。

それから今孤児支援の部署で働いているドイツ人ボランティアからうちの部署のピアエデュケーターを連れて活動をしたいという話がきているんですが…
正直私としてはお金の問題をしっかり解決してから再開したいという思いがあり、あんまり乗り気じゃありません。
リーダーはさっそくユースを集めてましたが。
で、来たのは元ピアエデュケーター7人と新メンバー4人。
なぜ乗り気じゃないかというと元ピアエデュケーターは年明けにお金がもらえないという理由で去って行ったので、お金がないとわかったらすぐいなくなる可能性大。
今はおそらくユースのリーダーがうまいこと言ったのと新しくドイツ人ボランティアが関わって来たので期待しているってなところでしょうか。
新メンバーもなんらかの利益を求めてきてるんだろうな。
1人は話をした時にお金には興味がない、ボランティアでいいと言っていたけど本当か?
だいたい初めはこう言うんだよな…
今日様子を見たら元ピアエデュケーター3人早くも来ずって感じでした。
なのでとりあえずドイツ人ボランティアとユースのリーダーに任せておいて手助けできるとこはするけど、私は収入向上のプロジェクトに集中しようかと思います。
うまくいってくれればいいけど。
上司もお金がないのが問題、無職の青年がボランティアをするというシステムはよくないという私の意見に一通り賛成した後、このプロジェクトも進めて的な感じに。
おそらく近いうちにピアエデュケーションのプロジェクトのお金が入ることから大丈夫というんだけど、私は本当にユースに手当払えるのか疑問。
私が来てから一度も払った時ないけど…
ユースプログラムやってるっていう形が欲しいんだろうな…

またなぜかIECマテリアル(啓発リーフレット的なやつ)を作ってくれと私に言う…
自分のところのマテリアルが欲しいのはわかるし、業者に頼むとお金がかかるのはわかるけど少なくとも印刷代は必要。
「印刷代がないから難しいよ」といったら「銀行に頼めばきっと大丈夫」との回答。
せめて資金確保してから言ってくれと思わず思ってしまった。
今まで支援が多かった後遺症なのか、予想・予測で話を進めることが多い気が…

私の考えとしてはずっと支援を得られる分野もあるかもしれないけど、そうじゃないものの方が多い。
ザンビアが発展すればするほど減るだろうし、不況なんかで急に立ちゆかなくなることも考えられる。
だから自分たちで運営資金をいかに無償支援以外で得るかが問われる時代になってきているのでは?

みなさんどう思いますか?
また何か進展あったら連絡します。
では


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

hiro0513vow

Author:hiro0513vow
実家が地震で被災…
家族は無事だったけど日本全体が大変な時。
日本ががんばってる時だからこそJOCVとしてザンビアでがんばらないと!!
Japan will replant beautiful flowers again.
That is why I have to do my best in Zambia.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。