スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐ…

帰国が近づいてきました。
1ヵ月を切りました!
協力隊の2年間はあっという間だったという人が多いですが、
私は2年は2年だったなって感じです。
この2年いろんなことありましたからね~
故郷を襲った震災はショックでした。
オリンピックはいつの間にか終わっていて…
そんなふうにいろいろ思い出しちょっとしんみりする今日このごろです。

でもまだ1ヵ月弱あり、ラストスパートが残ってるからまだまだ気は抜けない。
就活もしなきゃですし…
現実ってきびしー

とりあえずここ最近やったこと。
学校でのエイズクラブ運営。無事終了しました。最後は先生にうまくバトンタッチできた!P7110002.jpg


配属先の学校でもエイズクラブ!これはユースにやらせてみた。P7120006.jpg


他隊員のところでの出張ワークショップP6260156.jpg


日本のNGO、AMDAさんとのコラボ企画「日ザの子供たち絵を通しての交流」
http://www.amda-minds.org/index.php/zambia_120627/
http://okayama.coop/news/201208_zambia.php

音楽隊員の人に来てもらいプチ演奏会。P8130198.jpg


IGA商品を日本のネット通販ショップに販売。
これネット上で販売開始してます!!
http://grin-do.com/?mode=grp&gid=402230

さあ、最後まで突っ走るぞー
来月の目玉は出張ワークショップです!!!
スポンサーサイト

そういえば…

言い忘れてましたが…
配属先のフェイスブックページつくりました。

http://www.facebook.com/pages/Bwafwano-Integrated-Services-Organization-BISO/239928436042582

どうぞよろしく。

再出発

先月末ユースグループが解散した!

もともと集まってない状況だったんですが、あることがきっかけでユースのリーダーがまたユースたちを集め始めたんです。
でも彼らのほとんどは一度お金がもらえないからと言って去って行った人たち…
おかしいなと思っていたら案の定…
そう!リーダーがお金がもらえるなどとうそを言って集めたのでした。
もともとある程度資金確保ができるまではユース活動をあきらめていた私は、同じこと(お金くれくれ問題)が起きるだろうなと思い放っておきました。
そしたら…
ある手紙をプログラムオフィサーに人づてに提出。その内容は…
要はお金くれってこと。
さて以前この問題についてはプログラムオフィサー彼らに説明済み。
なのにまたもやこの要求。
そして私を介さず提出ってことで…ついにプログラムオフィサーが切れた!
これまで何度もリーダーの怠惰な働きぶりに頭を悩ませていたこともあり、リーダー解任!
グループ解散!!
ってことになりました。
これは…
私の望む形に!
以前よりOから作り直したいなと思っていたんですよね~
でもすぐにはまた集まらないだろうし、資金確保をがんばろうと思っていたら…
「お金がもらえなくていい。活動したい」っていう幻の?ユースが残りました。
一人は以前からのメンバー、そして新しいメンバーが4人。
こんなにすぐ再出発ができるとは。

彼らは本当にやる気がある子たちでなおかつ、他の組織でピアエデュケーターだった子も多く知識も私以上に持っている!!
活動も非常に活発。
配属先のクリニックで、啓発活動。P5180076.jpg
P5180075.jpg


また学校でのエイズクラブもついに始まりました。
思ったよりも低学年で大変ですが先生が協力的なので助かる。P5230079.jpg


それから他の隊員のところでワークショップも行いました。P5170063.jpg
P5170065.jpg

ウガンダとスカイプでつなげようってことでやったんですがスカイプ切れちゃった…
でもそこは臨機応変にってことで他のプログラムもあったし全体的に良かったかなと思います。

これらの活動もまだ不安要素は多いし、その他にもやりたいことあるのでまだまだ気が抜けない!
あと4ヵ月がんばらねば!


いろいろやってみた

先日21年度4次隊のみなさんの送別会がありました。
これで私も残り半年。
すぐなんだろうな~

最近いろいろ配属先以外の仕事をやってます。
配属先の仕事もいろいろ進めてますがそれはまた今度。

最近やったこと。
隊員の学校に赴いてのワークショップ×2
隊員の配属先の周辺でのクリーンアップキャンペーン

まずワークショップは、
一つはジェンダーに関するもの。
これは難しかった…
大学の時学んだこと何も覚えてなかった…
もうちょっとちゃんと勉強しなきゃと思いました。
でもやっぱり男尊女卑の考えが男にはあるように感じましたね。
P2210238.jpg

もう一つは早期妊娠予防に関するもの。
以前も言いましたが、ザンビアは妊娠で学校を退学する子が多い。
日本でいう中学生くらいの子がばんばん退学していきます。
というわけで行ったんですが…これもまた男の勝手な理論が飛び出てきた!
学校側の希望でコンドーム使用ではなく性行為をしないということを強調したわけですが、
「no sexとコンドーム使用はどちらの方が妊娠予防としていいか」
と質問したところ、男子生徒数名から
「コンドーム」
との答えが。まあ、コンドーム使用は一つの方法だからいいとして、
「なんで?」
と聞いたところ、
「感情がおさえられないからno sexは無理」
っていう答え!いやいや、女性はおまえらの性欲のはけぐちじゃないぞ…
ここらへんが早期妊娠だけではなく、HIVをはじめとする性感染症の拡大の一つの理由なんだろうなー
これまた難しいなと感じたところでした。
DSC09087.jpg

次にクリーンアップキャンペーンを行いました。
ザンビアにいる国連ボランティアの方(ザンビア人なんですけど)から、JICAへと話しがきたもので、私がJICAボランティア側のまとめをしました。
無事終わってある程度目的は達成できたんですけど、もっとこうすればよかったなーと反省点が多く残るものになりました。
次回にいかしたいと思います。
P3160306.jpg

配属先の仕事もやらなきゃいけないこと山積み!
あと半年でどこまでできるかわからないけどできるかぎりやってみます。

それではまた。

忙しかった…

えっと…
かなりお久しぶりです。

というのも今年ラスト2ヵ月は忙しかった!
いいことですけどね。

まず配属先での活動はというと、
プロジェクト後もパフォーマンスは続けユースも継続的に来ています。
ただ例の問題が再燃!
そうお金くれくれ問題です。
ユースが自分たちの活動に対して手当をくれと要求。
最初にボランティアだという説明はしたんですが、1人が言い始めて全体に波及…
実際よく働いていたし、無職の青年がボランティアという形に無理があるとも感じていたので上司たちに報告・交渉。
でもやっぱり現地NGOはそんなに自由にできるお金はありません。
お金があるのと自由に使えるのは別なんですね。
支援先が支援金を給料などに使用することを禁じているのはよくあること。
何かのプロジェクトのためのお金なら特にです。
でも今回は本当にお金がなかったそうですが…
何人か解雇されたらしい…

前回同じ問題でユースが全員来なくなったのでまたそうなるかと思いましたが…
なんとかまだ来ています。
リーダーやスタッフの説得があったからというのと、来年大きなプロジェクトがあってお金が入ってくるって言う言葉にごまかされた?!からかな。
けっこうユースに対してのごまかし多いです。
それだとあまりに不憫なので私はけっこう上司に直接確認したりしてますが、この問題は難しい。
今回良かったのはこの問題に上司や周りのスタッフを巻き込めたこと。
今まではユースクラブの中だけで議論→不満爆発→ボイコットだったけれど、今回巻き込めたおかげでユースがある程度納得したのかなと思ってます。

実際来年から3年にわたる大きなユースプロジェクトが始まりそのために新しくユースクラブのコーディネーターを雇うとのこと。
今までコーディネーターがいなかったのが1つの大きな問題だったのでこれは大きな進歩!!
残り9か月でその人と一緒に仕事をしつつ最後はその人に完全に任せるようにすればとりあえずは安心かなと思ってます。
そのためにも優秀な人きてくれ~

後はユースを飽きさせないためのプログラムをいろいろ用意しないと思い、いろいろ考えてます。
最近始めたのは他の日本人ボランティアによる講義。
先日同期に来てもらい水と健康に関しての講義を実施。s-IMG-20111214-00019.jpgいい刺激になるみたいでかなり反応が良かったです。
来年は栄養士の同期、カウンセラーの同期に来てもらおうかと思ってます。
またほかのユースクラブを見に行くことも企画中。

それから来年は配属先周辺の学校でエイズクラブがないところで設立の交渉兼指導をする予定です。
ユースクラブはリーダーとコーディネーターにだんだんと任せていくつもり。

それから私ザンビアのJICAボランティアで構成されるエイズ対策分科会というものの会長しています。
会長には首都隊員だからということでなったんですけど、最近はその活動が活発で忙しかったです。

まず11月下旬のルサカ隊員の学校への出張ワークショップ。
手洗い、HIV/AIDS、栄養について私を含めた7名の分科会メンバーが行いました。
私は手洗い担当でした。s-PB220119.jpg

またコッパーベルト州のンドラのYMCAでもHIVのワークショップを実施。
日本文化紹介も行われました。s-PB260168.jpgs-PB260181.jpg

さらにワールドエイズデーの週の土曜日にはルサカ州チョングエでエイズデーイベントを実施。
コンドームやリーフレットの配布などを行いました。s-PC030211.jpg

分科会とは別ですがインターナショナルボランティアデーにも参加。
南部州チョマというところでマーチングをしてきましたよ。s-PC050220.jpg

こんな感じであっという間に日々が過ぎてったなぁ…
年末はゆっくり過ごして来年に備えようと思います。

では良いお年を!!
プロフィール

hiro0513vow

Author:hiro0513vow
実家が地震で被災…
家族は無事だったけど日本全体が大変な時。
日本ががんばってる時だからこそJOCVとしてザンビアでがんばらないと!!
Japan will replant beautiful flowers again.
That is why I have to do my best in Zambia.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。